4月に入り春の日差しが暖かく感じる季節になりました。

“春の行楽シーズン”到来でこの時期人気の観光スポットへ出かける方も
多いかもしれませんね!

春はそれまでの生活ががらりと変わったり、新しい出会いの季節でもあります。
入学式や入社式が行われ、新しい環境にワクワクする人もいれば、
生活の変化に不安や戸惑いを感じる人も多いのではないかと思います。

そんな環境の変化によって引き起こされるのが、”春バテ”です。


「なんだかだるい…」「やる気が起きない…」などの疲労感や倦怠感、
気分が落ち込む、肩がこる、なんだかイライラしてしまう…

このように春に感じる体調不良を”春バテ”と呼んでいます。


おもな原因としては社会的な環境の変化や激しい寒暖差などによる気象の変化が
挙げられます。
確かに最近も暖かかったり、急に気温が下がり寒い日があったりするので
気温差がすごいな…と思っていました。

この気温差に体が対応しようとするため、エネルギーを消耗することで自律神経のバランスが
崩れてしまい「疲労感」や「だるさ」を感じやすくなってしまいます。


以下の人は「春バテしている、あるいはこれからなる可能性がある」ので注意しましょう!


・冬の間あまり運動をしなかった人
・もともと体力があまりない人
・冷え性の人
・冬に風邪などで体調を崩してしまった人



原因の1つである寒暖差の影響を防ぐために、
「炭酸ガス入りの入浴剤」をお風呂に入れてぬるめのお湯に10~20分程度浸かること
がよいとされています


また、首・手首・足首を温めることも大事なポイントです。
冷えを感じてしまう方や寒暖差の影響が気になる皆さんはぜひ試してみてはいかがでしょうか